Monumento

auto-translate Saka area old town name origin I...

wawa

2019-05-19

Tags: 江戸時代 寛文 元禄 延宝 寛永 尾張藩 町屋 商店街 由来 旧町名 湿地帯 赤坂田町 南伝馬町 赤坂新町 一ツ木村 徳川光友 千代姫 町奉行 東京都 港区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Saka area old town name origin Itaaka Sakata town Akasakamachi, Akasaka town _ A town area is a town that developed along a reservoir, curving from north to south. It was originally a wetland and was later named "Tamachi" because of the development of fields. The land including the town area was an open area around Kanaga 12 years (1635), and it was a storage for the soil used for expansion, etc., but as a reward to the three transfer team members of Minamidenma-cho, where the service since Ieyasu entered That land is given, and it is the happening of this town that we divided the land in 15 years and made the part a townhouse afterwards. At the end of the Meiji era, it was crowded with shops that sell civilized products and technologies such as printing shops, barber shops, milk shops, beef shops, and photo studios, and it became a center of Akasaka Hanayagikai, making it a great political and economic social venue. It became a place. "Minami Denmacho" Habi map of the present age (2009) One Gigaki Kaneigen Roku Akasakane Muronanjocho "The origins of old town names in Akasaka Are Kanei Ogawan Akasaka Fukuyoshi-cho Akasaka district Old town name Originated board Osamu Murai Aikasaka Shinmachi Akasaka Shincho A large part of the Akasaka Shinmachi town area belonged to Hitsukumura before the Edo period. (1624-1704) It was in this town that the three temples of Owari Rei, Tokugawa Mitsutomo and Chiyohime Ochisuke worshiped this land and named it Akasaka Shincho 1-chome in Kanai 17 (1640). The construction of the town lined house was permitted in 1668, and the town was ruled in 1863. Then it was divided up to 5th street in the Meiji era. A part of 3-chome becomes a busy shopping street, and furthermore, the store is also 3 to 5 chome Before the war, Omote bori formed a shopping street Azabu Tanimachi “Kanbu-en-o-Ban Akasaka Akasaka Akasaka Aoyama Minami-cho Shinzan store) Map of Showa (Showa 31) Legend 支 Local Office · Branch office diagram specific post office diagram University · high school government office or facility X police box / representative office 〒 post sentence junior high school · primary school cause fire department · telephone station of fire department · branch office Nisshinja Temple Bank other financial institutions subway subway © WAWA

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 坂地区旧城名起源板坂坂田町赤坂町赤坂町_镇区是沿着水库发展的城镇,从北到南弯曲。它最初是一片湿地,后来由于田地的发展而被命名为“田町”。包括镇区在内的土地是Kanaga周围12年(1635年)的开放区域,是用于扩建等的土地的储藏室,但作为对Minamidenma-cho的3个转移队员的奖励,自从Ieyasu进入以来的服务这块土地被给予了,这个城镇的发生在15年后我们将土地分割开来,之后又成了一个联排别墅。在明治时代结束时,它挤满了出售文明产品和技术的商店,如印刷店,理发店,牛奶店,牛肉店和摄影工作室,它成为赤坂Hanayagikai的中心,使其成为一个伟大的政治和经济社交场所。它成了一个地方。 “Minami Denmacho”当代的Habi地图(2009年)One Gigaki Kaneigen Roku Akasakane Muronanjocho“赤坂古城名称的起源是Kanei Ogawan Akasaka Fukuyoshi-cho赤坂地区旧城镇名称起源板Osamu Murai Aikasaka Shinmachi Akasaka Shincho赤坂新町镇地区的大部分属于江户时代之前的Hitsukumura。 (1624-1704)在这个城镇,Owari Rei,Tokugawa Mitsutomo和Chiyohime Ochisuke的三个寺庙崇拜这片土地,并在Kanai 17(1640)命名为Akasaka Shincho 1-chome。 1668年允许建造城镇房屋,并于1863年统治该城镇。然后它被划分为明治时代的第五街。 3丁目的一部分成为繁忙的购物街,此外,商店也是3至5丁目在战争之前,Omote bori组建了购物街Azabu Tanimachi“Kanbu-en-o-Ban赤坂赤坂赤坂青山南町新山店”昭和(昭和31)地图支援当地办事处·分公司图特定邮局图大学·高中政府办公室或设施X警察局/代表处〒邮政初中·小学事业消防部门·消防部门电话站·分公司日清寺银行其他金融机构地铁地铁©WAWA

赤坂地区旧町名由来

赤坂田町 あかさかたまち、
あかさかたまち
_ 町域は溜池に沿っていて、南北に湾曲しながら発達した町
です。古くは湿地帯 で、その後田畑が発達したので「田町」と
命名されました。町域を含む土地は、寛永 12年(1635)頃は
空地で、普請などに利用する土の置き場でしたが、家康入国以
来の務めが評価された南伝馬町 の伝馬役三名に褒美としてその
土地が与えられ、その後同15年に地割りしてその一部を町屋と
したことがこの町の起こりです。明治末には印刷所、理髪店、
牛乳店、牛肉店、写真館など、文明開化的な商品や技術を売る店
で賑わい、また赤坂花柳界の中心地となり、政治的及び経済的
社交場として華やいだ場所となりました。
「みなみでんまちょう

ほうび
現代の地図(平成21年)
ひとつぎむら
かんえいげんろく
赤坂
根室南城町

The origins of old town names in Akasaka Are
かんえい
おわりはん とくがわみつともみじんちよひめ
赤坂福吉町
赤坂地区旧町名由来板
おっさむらい
はいりょう

赤坂新町 あかさかしんまち

町域の大部分は、江戸時代 より前には一ツ木村 に属していま
した。町屋 ができたのは寛永 から元禄 にかけて(1624~1704)
のようで、寛永17年(1640)に、尾張藩 徳川光友 夫人千代姫
御附きの寺三名がこの土地を拝領して赤坂新町1丁目と称した
のがこの町の起こりです。寛文 8年(1668)に町並屋敷の建造が
許され、延宝 元年(1673)に町奉行 支配下となり、その後5丁目
まで区分されました。明治時代には、1・2丁目と3丁目の一部
が繁華な商店街となり、さらに商店は3~5丁目へも伸び、戦
前には表通りは商店街 を形成していました。
麻布谷町
「かんぶん
えんぼうがんねん。
「まちぶぎょう
赤坂
赤坂青山南町
新山店)
昭和の地図(昭和31年)
凡例
◎支庁・出張所 図
特定郵便局図大学・高等学校
お官公庁又は施設 X交番・駐在所 〒 ポスト文 中学・小学校
因 消防署・出張所の電報電話局 日神社 寺院
銀行その他金融機関の都電は地下鉄
©WAWA

Texts

wawa
2019-05-19 21:21 (0)
wawa
monumento
2019-05-19 21:18 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa 3 months

赤坂地区旧町名由来板

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/07/19)
Tags: ocr-generated 東京都 千代田区
wawa (2018/07/12)
Tags: 加藤清正 大谷米太郎 伏見宮 井伊掃部頭 江戸屋敷 ホテルニューオータニ 東京都 千代田区
vision (2018/03/07)
Tags: auto-translate 見附 江戸城 赤坂御門 枡形門 千代田区教育委員会 石垣 東京都 千代田区
hanacoco (2016/07/19)
Tags: ocr-generated 東京都 千代田区