Monumento

hamanobakeneko

2015/01/18

Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated I象の鼻地区の波止場
| Hatoba (wharf) of the Zou-no-hana District
開港当初の象の鼻地区の波止場
「再改横浜風景」(部分)五雲亭貞秀 | 横浜開港資料館所蔵
Hatoba of the Zou-no-hana district at the beginning of the port opening
"Saikai Yokoyama Fukel", Detail, Gountei Sadahide, Yokohama Archives of History
象の鼻地区の波止場は、時代とともにさまざまな愛称で親しまれてきま
した。開港当初の波止場は東西2本の直線状の突堤で、東側の突堤は「東
波止場」と呼ばれ、主に外国からの輸出入貨物の積卸しに使用されました。
西側の突堤は「西波止場」と呼ばれ、国内貨物の積卸しに使用されました。
「元治元年(1864)、貿易量の増大に伴い、現在の山下公園中央付近に新
たに「東波止場」が造られると、象の鼻地区の2つの突堤を総称して「西
波止場」と呼ぶようになりました。
「フランス人建築家クリペによる「横浜絵図面」には、慶応元年(1865)
当時の西波止場の姿が描かれています。当時の水際線は、現在の横浜開港
資料館前の海岸通りの位置にあり、2本の突堤はそこから海に突き出てい
たと考えられます。
東波止場はフランス人居住区の前面にあったので「フランス波止場」と
も呼ばれました。明治2年(1869)、象の鼻地区の前面にイギリス領事館(現
在の横浜開港資料館の所在地)が建てられると、西波止場は「イギリス波
止場」とも呼ばれました。西波止場の西側の突堤は、国内貨物用だったの
で「日本波止場」、税関の建物に近いので「税関波止場」とも呼ばれました。
| 象の鼻パークでは、西波止場の西側の突堤の位置を、広場内の舗装パター
ンを変えることで表現しています。
The Hatoba (wharf) of the Zou-no-hana district has enjoyed many nicknames in
accordance with the times. When the port first opened the wharf consisted of two straight
jetties located at the east and west sides. The eastern jetty was called the “East pier", used
mainly for loading and unloading export and import cargos from abroad, and the western jetty
was called the "West pier", used for loading and unloading domestic cargos.
In 1864, with an increase in trade volume, the “Eastern Hatoba (wharf)" was newly built
in the center of present-day Yamashita Park and the two jetties in the Zou-no-hana district
came to be called the “Western Hatobd",
"Plan of Yokohama" by the French architect Clipet depicts the Western Hatoba as it
appeared in 1865.
The coastline at that time stands back at Kaigan-Dori Street in front of the Yokohama
Archives of History, and the two jetties are thought to have jutted out into the sea from there.
As for the western jetty of the Western Hatoba, it was called the “Japanese pier" because
the jetty was used for domestic cargos, and was also known as the "Customs pier" because it
was located near the Customs buildings. In this Zou-no-hana Park, the location of the
western jetty of the Western Hatoba is represented by changing the pavement pattern.
横浜絵図面と現在の水際線の重ね合わせ
「横浜絵図面」(部分)クリベ|横浜開港資料館所蔵
Comparison of 'Plan of Yokohama" with the present coastline
“Plan of Yokohama", Detail, Clipet, Yokohama Archives of History
安政6年(1859)から慶応3年(1867)頃まで
元治元年(1864)から大正12年(1923)頃まで
慶応3年(1867)以降
山下公園
日本人街
外国人居留地
現山下公園内の新たな波止場の呼称
象の鼻地区の波止場の呼称
西南止場
波止場
安政6年
元治元年
総称して西波止場
イギリス波止場
大波止場
総称して東波止場
フランス波止場
小波止場
日本波止場
税関波止場
イギリス波止場
波止場の呼称
Names of Hatoba

Texts

monumento
2018-03-28 15:49 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hamanobakeneko (2015/01/18)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市
wawa (2017/05/21)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市
wawa (2017/05/21)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市
wawa (2017/05/21)
Tags: 神奈川県 横浜市