Monumento

auto-translate Tokaido fifty-three Fujisawa in ...

wawa

2018-09-09

Tags: 徳川家康 日本橋 東海道 徳川幕府 浮世絵 高札場 大山 大山詣 江戸 本陣 東海道五十三次 大蛇 慶長 歌川豊国 藤沢宿 旅籠屋 天保 関ヶ原合戦 旅人 遊行寺 京都 白旗神社 常光寺 朱印状 国貞 遊行寺橋 伝馬 大鋸橋 江の島参詣 伝馬継問屋 さざえ 鮑 ひしこまなす しらす干し 弁慶餅 藤沢御殿 陣屋と 江ノ島詣で えのしま道 杉山和一 大山参り 大刀 民話 影取り様 灰の縄 義経首洗井戸 神奈川県 藤沢市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Tokaido fifty-three Fujisawa in the state STATE OF THE 53 STAGES ON THE TOKAIDO FUJISAWA STATION Tokaido is the Tokugawa Ieyasu winning the Sekigahara battle in the year 6th year of Keicho (161), rather than opening the Tokugawa shogunate Maintenance advanced soon. I commanded horse racing between Edo and Kyoto and a horse-drawn horse in each store with a red seal shape as a trunk line of information. Fujisawa inn is lively from the Nihonbashi station as a relay point for the Oyama-shrine and Enoshima-shrine visit at the Tokaido sixth tower (approximately 50 kilometers). Honjin, a wholesale dealer wholesaler, and a high bidding place also settled, and in the 14th year of Tenpo (1843), the inhabitants of 489 people, a few nineteen houses, four forty-five lodgers. It was famous for the specialty of the inn, abalone, abalone fried (dried shirasu), Benkei mochi etc. Fujisawa inn and Fujisawaji Fujisawa inn and Fuzenji are connected by a margin that can not be separated. 2, Facilities in the two stations Mitsuke Fujisawa Godo Jinya and Honjin three, # Enoshima-san in Ehsushima-do, Sugiyama Wadami There is a "guidance" which one built "four", Otsama A male who carries a sword in Ukiyoe in Fujisawa Inn, five people headed for Oyama, a folk tale "Shadow like" When Fujisawa-juku was made, a serpent who eats the shadow of a traveler The villagers were in trouble VI, folk tales "ash rope" It was the reason who solved the challenge of making rope ash with ... As the author three generations Utagawa Toyokuni (Kunisada) Production time, around the decade of Tenyo (1839) The back of Oyama is a playful temple representing the big saw bridge (present playoji bridge) neighborhood. Fujisawa Inner Exchange Center Fujisawa Bridge Interchange Building Fujisawa Bridge One Enotagi Bridge Kinzanda Kannono Black Inari Horiuchi Honten Bridge Higashihabashi Bridge Okubo Town Office Quarry Field Fujisawa Gotemba Train Ikuta Honjin Tokaido Fujisawa Ino Machi-no Tosho Workplace Shinkoji Temple Translation Yoshitsune Wash Well White Flag Shrine Hachioji Road Odakyu Enoshima Fujisawa Honmachi Station Kyobetsuke / Atsugi road Hiratsukado residence, Isesan park planning production Fujisawa inn panoramic club

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 东海道五十三个藤泽州在TOKAIDO FUJISAWA STATION的53个阶段东海道是德川家康在Keicho(161)的第6年赢得Sekigahara战斗,而不是打开德川幕府维护很快就会完成我指挥了江户和京都之间的赛马以及每个商店里的马拉马,红色的印章形状作为信息的主干线。藤泽客栈从日本桥车站活跃起来,作为东山道第六塔(约50公里)的大山神社和江之岛参拜的中转点。 Honjin,一家批发商批发商和一个高价竞标的地方也落户了,在Tenpo(1843年)的第14年,居民489人,几十九所房子,四十五个住客。它以旅馆,鲍鱼,鲍鱼油炸(干shirasu),Benkei mochi等的特产而闻名。 Fujisawa inn和Fujisawaji Fujisawa inn和Fuzenji以不可分割的边距连接.2,两个站的设施Fuj Fuj Fujo Godo Jinya和Honjin三,Ehsushima-do的Enoshima-san,Sugiyama Wadami有一个“指导”,一个人建造了“四个”,Otsama一个男性在藤泽旅馆浮世绘有一把剑,五个人前往小山,一个民间故事“影子喜欢”当藤泽juku制作时,一条蛇吃一个旅行者的影子村民们陷入困境VI,民间故事“灰绳”这是解决制作绳灰的挑战的原因......作者三代Utagawa Toyokuni(Kunisada)制作时间,Tenyo十年(1839年) Oyama的背面是一个顽皮的寺庙,代表着大锯桥(现在的playoji桥)附近。藤泽内部交流中心藤泽桥交汇处大厦藤泽桥一个Enotagi桥Kinzanda Kannono黑色稻荷堀内Honten桥东大桥大久保町办公室采石场藤泽御殿场火车生田本津东海道藤泽伊藤町没有Tosho工作室新光寺翻译Yoshitsune Wash Well白旗神社八王子道路小田急江之岛藤泽本町站Kyobetsuke / Atsugi路Hiratsukado住宅,Isesan公园规划生产藤泽客栈全景俱乐部

東海道五十三次 藤沢宿 の様子
STATE OF THE 53 STAGES ON THE TOKAIDO FUJISAWA STATION

 東海道 は、徳川家康関ヶ原合戦 に勝利した翌年の慶長 六年
(一六〇一年)に、 徳川幕府 を開くよりも早く整備が進みました。
江戸 -京都 間の人馬と、情報の往来幹線として朱印状 で各宿に
伝馬 を出すことを命じました。

 藤沢宿 は、 日本橋 から一二里一八町(約五〇キロメートル)東海道
第六の宿場で、大山詣江の島参詣 の中継地として賑わいました。
本陣伝馬継問屋高札場 も置き、 天保 十四年(一八四三年)に
宿内人口四〇八九人、家数 九一九軒、旅籠屋 四五軒となり
ました。 宿の名物にさざえひしこまなす (しらす干し )、
弁慶餅 などが有名でした。

六つの挿話

一、藤沢宿と遊行寺
藤沢宿と遊行寺は切り離せない縁で結ばれています

ニ、宿場の施設
二つの見附 藤沢御殿 陣屋と本陣

三、#江ノ島詣で
えのしま道 に、杉山和一 が建てた「道しるべ」がある

四、大山参り
藤沢宿の浮世絵 にある大刀 を担ぐ男達は大山 へ向かった

五、民話影取り様
藤沢宿が出来た頃、旅人 の影を喰らう大蛇 に里人達は困った

六、民話「灰の縄
灰で縄を作れという難題を解決したのは・・・

作者 三代 歌川豊国 (国貞 ) 製作時期、天保 十年(一八三九年)頃
後ろの小山は遊行寺で大鋸橋 (現遊行寺橋 )付近を表している。

藤沢宿交流館
藤沢橋
江の島一の鳥居
大鋸橋
金砂山観音
鼻黒稲荷
堀内本
御殿橋場
御殿橋
大久保町問屋場
藤沢御殿跡
一蒔田本陣
東海道 藤沢宿の町並
戸町職場店
常光寺
義経首洗井戸
白旗神社
八王子道
小田急江の島
藤沢本町駅
京見附・
厚木道
平塚宿、
伊勢山公園
企画制作 藤澤宿パノラマ倶楽部

Texts

wawa
2019-03-09 21:35 (0)
wawa
monumento
2019-03-09 21:22 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa 5 months

ふじさわ宿交流館 藤沢市西富1丁目3−2

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2019/03/09)
Tags: 徳川吉宗 幕府 江戸 旧東海道 商家 時宗 東海道五十三次 明暦の大火 藤沢宿 広小路 将軍 遊行寺 清浄光寺 総本山 火災 ふじさわ宿交流館 火除け地 護持院 藤沢広小路 大鋸 日本三大広小路 三曲がり 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: 東海道 枡形 auto-translate 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: 東海道 徳川吉宗 auto-translate 門前町 広小路 神奈川県 藤沢市
wawa (2019/03/09)
Tags: 燈籠 浅草 鳥居 江戸 戸塚宿 神田 市指定文化財 藤沢市教育委員会 天保 嘉永 江戸講中 寄進 青銅製燈籠 芝 篤志者 一念上人 遊行 鋳造師 藤原政時 平河天満宮 神奈川県 藤沢市