Monumento

kawa_sanpo

2015/01/11

Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated ニみ
2. 近世の村と東海道・
地帯である。
きの不毛の地
で、その最初
が現在の藤沢
伊勢神宮に寄
戦国時代末期から徳川家康の関東入部による検地・村切
り(村の範囲の確定)を経て、辻堂地域一帯は羽鳥村、折戸村、 (18)
辻堂村が成立した。
東海道が整備されると上記3村を含む鎌倉、藤沢、茅ヶ崎 恵まれ
ー帯の49箇所の村は藤沢宿の助郷村(宿の人馬の不足を補 「村の
充する義務を課せられる村)となった。
備士
また、東海道の四ツ谷、ニッ谷には大山道の分岐があり、 を開い
旅人などが休憩した茶店などが並ぶ立場集落だった。 職請村
效期中
(1900
福吉田
溝ゴム
台の地名はここ
だが続け
輸定的所城も
通常の納期船村徹
★3年(1660
■ツ報の議離()

Texts

monumento
2018-03-28 15:50 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: 神奈川県 藤沢市