Monumento

kawa_sanpo

2015/01/11

Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 藤沢市指定重要文化財
寛文十年(一六七O) 中供養塔
庚申信仰は、十干・十二支の組合せによって
「六十日に一度めぐってくる「庚申の日」に
その夜を眠らずに過ごして無病息災・長
寿を願う信仰である。この源流は、「人の体
内にいる三戸の製、庚申の夜、天にのぼっ
ここの人の罪過を天帝に告げるため生命き継
められる」とする中国の道教の教えに由来し
ている。
江戸時代、万治・寛文頃(一六五ハー一六七
二)には、仏教を背景に広く庶民に伝わり、
「庚申講」が結ばれご庚申の夜は、講中の人
々が当番の家に集まり、徹夜で通食歓談して
過ごす庚申待の行事や、供養の造立飛盤ん
になった。
ニッ家稲荷神社境内の寛文十年庚申供養塔は
、総高百端、運縦型で、造り出しの基礎
の上に別に台座を作り、その上部箇所に正面
向きの三線を載せる手法をとっている。
昭和十二年四月十三 鑑定
藤沢市教論説委員会

Texts

monumento
2018-03-28 15:50 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: 神奈川県 藤沢市