Monumento

kawa_sanpo

2015/01/11

Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 市指定有形民俗文化財 昭和五十二年(
一九七七四月十三日指定
寛文七年 庚申供養塔
総高 一三〇移安山岩製
この石造物群の中で、中央の一番大きな石塔は寛文七年(一八六七)に
造立された庚申供養塔です。
基台に三匹の猿が正面向きにすわり、両手で目・耳・口をおおって
います。この「見ざる・聞かざる・言わざる」はどれもやや長身で、
丸彫りに近く彫り出されており、基台も同じ一石から造り出されてい
ます。三猿像は庚申の申が猿と通じるので祀られているものです。
また、頂部左右に日と月が彫刻され、塔身部に左記の造立年記が、
基台前面に三橋次左衛門ら十五名の造立者名が陰刻されています。
寛文七年七年
十一月二十日
この刻銘の日は、十干・十二支を組み合わせた暦法で六十日ごとに
巡ってくる庚申の日でした。庚申の夜に三戸という虫が睡眠中に身体
から抜け出して天帝にその人の罪を告げるので命を奪われる、という
道教の説があります。かつてこの信仰に基づいて信者が講という団体
をつくり、庚申の夜は眠らずに過ごして無病息災を願う風習がありま
した。江戸時代に全国的に広まり、昭和の頃までは続いていました。
この十五名の人たちは庚申講の構成員で、おそらく彼らも夜明かしを
したのでしょう。この石塔はその時の記念に建てられたものです。
平成二十年(100八三月
藤沢市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 15:51 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
kawa_sanpo (2015/01/11)
Tags: ocr-generated 神奈川県 藤沢市
osawagase (2014/09/15)
Tags: 神奈川県 藤沢市