Monumento

auto-translate Otsu City Designated Cultural He...

kawa_sanpo

2019/01/18

Tags: 東海道 有形民俗文化財 大津市教育委員会 北国海道 大津市指定文化財 三井寺 石造小関越道標 園城寺 西国三十三所観音巡礼 今熊野観音寺 滋賀県 大津市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Otsu City Designated Cultural Heritage Tangible Folk Cultural Property Masonry Shin Kanetsu Michigane (Ozu-machi Otsu City) A road of about 5 kilometers that joins Tokaido at Fujio, separated from Hokkoku Haigda (Nishi Omiji Road), was once used as an interim of Tokaido , It was called Kojikoshi. This signpost stands for the branch point of the road leading from Kojo to Yonoji (Mitsuiji). It is erected in the middle of the Edo period, and the height is about ninety five centimeters. On the third side, it is engraved with "Left Mitsukichiji Temple from Hitomiji Temple", "Right Koetsu Kanetsugu Sanjo Gojo Imamukuma Kyodo", "Right Mitsui Temple". Mitsuji had many pilgrims as the 14th gate of the Kannon pilgrimage to the western part of the western part of the country. "Imakuma" of the inscription is the Kyoto now Kumano Kanonji of the 15th Buddhist Temple, which is also a document showing that this road was a pilgrimage road. In January of Showa 50 (1975), it was designated as a tangible folk cultural property of Otsu city. Otsu city board of education Heisei 16 years (2004) August Cultural Property, Design by Otsu city Kozeki-goe (stone signpost)

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 大津市指定文化遗产有形民俗文化遗产砌成新植物Michigane(大津大津町)与Hokkoku Haigda(西明治道)分开的大约5公里的道路与Fujio的东海道一起,曾被用作东海道的临时,它被称为Kojikoshi。这个路标代表从Kojo到Yonoji(Mitsuiji)的道路的分支点。它建于江户时代的中期,高度约为95厘米。在第三面,它刻有“Hitomiji寺的左Mitsukichiji寺”,“右Koetsu Kanetsugu Sanjo Gojo Imamukuma Kyodo”,“右三井寺”。 Mitsuji有许多朝圣者作为该国西部西部Kannon朝圣的第14个门。题字的“Imakuma”是京都现在的第15个佛教寺庙的Kumano Kanonji,这也是一个文件显示这条路是朝圣之路。昭和50年(1975年)1月,它被指定为大津市的有形民俗文化财产。大津市教育委员会平成16年(2004年)8月文化财产,大津市设计Kozeki-goe(石头路标)

大津市指定文化財
有形民俗文化財
石造小関越道標  (大津市小関町)
 北国海道 (西近江路)から別れて藤尾で東海道 に合流する約五キロメートルの道は、かつて東海道の間道として利用され、小関越と呼ばれていました。
 この道標が立つのは、小関越から園城寺三井寺 )へ向かう道の分岐点にあたります。江戸時代中頃の建立で、高さは約九五センチメートルあります。三面には「左り三井寺 是より半丁」「右小関越 三条五条いまくま 京道」「右三井寺」と刻まれています。
 三井寺は西国三十三所観音巡礼 の第十四番札所として多くの参詣者がありました。刻銘の「いまくま」は第十五番札所の京都今熊野観音寺 のことで、この道が巡礼道であったことを示す資料ともなっています。
昭和五十年(# 1975)一月、大津市の有形民俗文化財に指定されました。
大津市教育委員会
平成十六年(# 2004)八月
Cultural Property, designated by Otsu city
Kozeki-goe (stone signpost)

Texts

tenma
2019-02-02 21:51 (0)
tenma
monumento
2019-01-18 15:06 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2017/02/19)
Tags: 入母屋造 建造物 檜皮葺 大津市教育委員会 大津市指定文化財 長等神社楼門 安藤時蔵 青池安太郎 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
Tags: 天智天皇 大山咋命 旧神出 長等神社 素戔嗚命 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
Tags: ocr-generated 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
Tags: 謡曲史跡保存会 謡曲 三井寺 観月舞台 滋賀県 大津市