Monumento

auto-translate Machimura Market It is located o...

kawa_sanpo

2018/10/08

Tags: 陸羽街道 町村界標 町村制 柴田町文化遺產活用美行委員会 auto-translate 槻木村 沼邊村 1889 村田町 柴田町 宮城県 村田町

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Machimura Market It is located on the road shoulder of the former national highway (Riku Kaido) at the border of Shibata Town and Murata Town, and is engraved with "East Tsutsumi Village, Nishinuma Village" at a stone column height of about 60 centimeters. On April 1, 1889, the municipal system was enforced, and Nomura Iruma, Yokkaichi village, Kamikawa-mura, Tomisawa village, Tamisawa village, Irumoda village, Hayasaka village, Narita village, Oda village, Shrimp Tenkura village of Horimura and Senpaku village merged and Tsuki Village was established. After that, Tsuki Village became Tsukichi Town on April 1, 1973, and merged with Funaoka Town on April 1, 1969 and became Shibata Town. Numanbemura was created at the same time by merging three villages of Numa village, Numata village, Seki village. Later, Masumura merged with Murata Town on April 20, 1945. This stone pillar was made at the time of the municipal system enforcement of the Meiji 22nd year, and the stone is Inai (Inoue) stone of Ishinomaki-shi, Miyagi prefecture. October 2007 Shibata Town Cultural Heritage Activities Committee This project was conducted with the recognition of the regional revitalization project making full use of the cultural heritage of the Agency for Cultural Affairs

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 町村市场位于柴田町和村田镇边界的前国道(Riku Kaido)的路肩上,在约60厘米的石柱高处刻有“东堤村,西新村”。 1889年4月1日,市制度实施,野村Iruma,四日市村,上川村,富泽村,Tamisawa村,Irumoda村,Hayasaka村,成田村,小田村,虾土村村的Hor村和Senpaku村合并,Tsuki村成立。之后,Tsuki Village于1973年4月1日成为Tsukichi镇,并于1969年4月1日与Funaoka Town合并,成为柴田町。 Numanbemura同时由Numa村,Numata村,Seki村的三个村庄合并而成。之后,Masumura于1945年4月20日与村田镇合并。这个石柱是在明治22年的市制度实施时制作的,石头是宫城县石卷市的石井(井上)石。 2007年10月柴田町文化遗产活动委员会这个项目的开展是对区域振兴项目的认可,充分利用了文化厅的文化遗产

町村界標
 柴田町村田町 の境界で旧国道(陸羽街道 )の路肩にあり、石柱の高さ約60センチメートルで「東 槻木村 、西 沼邊村 」と刻まれています。
明治二十二年(1889 ) 四月一日、町村制 が施行され、藩政時代の入間野村、四日市場村、上川名村、富沢村、入間田村、葉坂村、成田村、小成田村、海老穴村、船迫村の十か村が合併し槻木村が成立しました。
その後、槻木村は明治三十七年四月一日に槻木町となり、昭和三十一年四月一日に船岡町と合併し柴田町となっています。
沼邊村は、沼邊村、沼田村、関場村の三か村が合併して同じ時にできました。その後、沼邊村は昭和三十年四月二十日に村田町と合併しています。
 この石柱は、明治二十二年の市町村制施行時に作られ、石材は、宮城県石巻市の稲井(井内)石が使われています。
平成二十七年十月 
柴田町文化遺產活用美行委員会
この事業は文化庁の文化遺産を活かした地域活性化事業の認定を受けて行われました

Texts

2019-02-15 09:04 (0)
tokada
tenma
2018-10-18 21:50 (4)
tenma
tenma
2018-10-18 21:48 (0)
tenma
monumento
2018-10-08 16:21 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2018/12/01)
Tags: 仙台藩 明治維新 伊達安芸 原田甲斐宗輔 寛文事件 山本周五郎 伊達騒動 船岡城址公園 綱宗 亀千代 綱村 伊達兵部 酒井雅楽頭 柴田外記 蜂谷六左衛門 しばた歴史観光ガイドの会 インバウンド推進事業 宮城県 柴田町
kawa_sanpo (2018/12/01)
Tags: 原田甲斐 文学碑 柴田町 山本周五郎 樅ノ木は残った 大池唯雄 船岡城址 柴田町観光協会 宮城県 柴田町
kawa_sanpo (2018/12/01)
Tags: 文化庁 土塁 みだれ坂 柴田町文化遺產活用実行委員会 三の丸跡 大老酒井雅楽頭 原田甲斐宗輔 寛文事件 柴田外記朝意 中務宗意 宗僚 舟岡要害屋敷 仙台領古城書立之覚 城中井戸 宮城県 柴田町
kawa_sanpo (2018/12/01)
Tags: 明治維新 吾妻鏡 みだれ坂 舟岡要害跡 芝田館 四保館 芝田次郎 宮城四郎 四保但馬定朝 宗義 屋代勘解由兵衛 原田甲斐宗資 伊達騒動 甲斐宗輔一族 柴田宗意 柴田町教育委員会 宮城県文化財保護協会 宮城県 柴田町