Monumento

auto-translate Michiyo Odori The way from Fukus...

kawa_sanpo

2018/08/25

Tags: 明治天皇 里程元標 土木遺産 上杉氏 福島市 万世大路 外様大名 米沢街道 中野新道開削工事 刈安新道開削工事 栗子隧道 ニッ小屋隧道 栗子ハイウェイ 歴史的地域資産 東北地域づくり協会 福島県 福島市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Michiyo Odori The way from Fukushima to Yonezawa was once divided from Oshu Kaido at Ochimori - Ganzaka inn ~ Lee Ping, but Mr. Uesugi came from the District of Kanto 4th year (1664) When I leave, I switched to the new Yonezawa Route from Fukushima Castle through Sasagino to Garden Saka, from the restraint of Mr. Uesugi of the outside Daimyo. During the Meiji Era (1876), Fukushima and Yamagata prefectures agreed to open a new road crossing Kurikozan in the prefecture boundary with a tunnel, construction by both prefectures began. This construction called Nakano Shinkansen exit construction on the side of Fukushima prefecture and Yamagata prefecture side Kariyasu new road excavation construction was the Kuriko Tunnel which is the longest in the country at the time (87 m) and the Nishoka Tunnel (3 It was a big project to build such as 54 m). The construction took four years and eleven months from the start, and it was completed in September, 1881. The opening ceremony of the new road was held on October 3 of the same year, and was named "Emperor Odori" by Emperor Meiji the following year. The starting point of the Manzan Daichi, which covers a total length of about 50 km, is the base margin that was established at this intersection. After opening, the settlement was done from the necessity of the station for transportation companies and travelers, Ohira, Otaki village was born in Fukushima prefecture side. During the Showa Era (1933) to the twelfth year (1937), a major renovation such as the Kuriko Tunnel and the Nichuro Tunnel was done to cope with the traffic of the car. In the postwar period, due to the opening of the Kuriko Highway (No. 13 of the national highway), which is the third generation in Showa 41 (1966), in order to resolve the cancellation of winter seasons and to respond to large vehicles, The section including the two tunnels cut by construction was a waste road. Heisei 24th (2012), Manchurai Oji was certified as a civil engineering heritage by the Japan Society of Civil Engineers as "historical regional assets that fostered logistics and human exchanges and ties between Yamagata and Fukushima prefectures". Fukushima City [Donation of signboard: Tohoku area development association general corporation]

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Michiyo Odori从福岛到米泽的路线曾经在Ochimori的Oshu Kaido分开 - Ganzaka旅馆~Lee Ping,但是Uesugi先生来自关东区第4年(1664年)当我离开时,我从福岛城堡通过Sasagino到花园萨卡,从大名外面的上杉先生的束缚切换到新的米泽路线。在明治时代(1876年),福岛县和山形县同意在隧道内在县境内开辟新的横穿Kurikozan的道路,两县都开始建设。这个位于福岛县和山形县一侧的中野新干线出口建设Kariyasu新路挖掘工程的建筑物是当时国家最长的Kuriko隧道(87米)和西冈隧道(3)这是一个很大的项目,如54米)。建设从一开始就用了四年零十一个月,并于1881年9月完工。新道路的开幕式于同年10月3日举行,次年被明治天皇命名为“大通大帝”。 Manzan Daichi的起点总长约50公里,是该交叉口建立的基准边缘。开放后,结算是由于运输公司和旅行者的车站的必要性,大平,大泷村出生在福岛县一侧。在昭和时代(1933年)至第十二年(1937年)期间,为了应对汽车的交通,进行了诸如Kuriko隧道和Nichuro隧道等重大改造。在战后时期,由于荔枝公路(国道13号)的开通,这是昭和41(1966年)的第三代,为了解决冬季的取消和对大型车辆的反应,包括两条通过施工切割的隧道的部分是一条废弃的道路。 Heisei 24th(2012),Manchurai Oji被日本土木工程师学会认定为土木工程遗产,是“促进山形县与福岛县之间的物流与人类交流和联系的历史区域资产”。福岛市[招牌捐赠:东北地区开发协会总公司]

万世大路
 福島から米沢への道は、かつては松川町八丁目宿で奥州街道から分かれて大森~庭坂宿~李平へと続いていましたが、寛文四年(# 1664)上杉氏 が信達地方から離れると、外様大名 の上杉氏への牽制から、福島城下から笹木野を経て庭坂に至る新しい米沢街道 に付替えました。
 明治九年(# 1876)、福島県と山形県は、県境の栗子山をトンネルで越える新しい道の開設に合意し、両県による工事が開始されました。福島県側では中野新道開削工事 、山形県側では刈安新道開削工事 と呼ばれたこの工事は、当時国内最長となる栗子隧道 (八七六m)や福島県側のニッ小屋隧道 (三五四 m)などを建設する大事業でした。
 工事は開始から四年十一ヶ月を要し、明治十四年(# 1881)九月に完成しました。同年十月三日に新道の開通式が行われ、翌年明治天皇 により「万世大路」と命名されました。全長約五十kmに及ぶ万世大路の起点は、この交差点に設置されていた里程元標 です。
 開通後には、運輸業者や旅人のための宿駅の必要から入植が行われ、福島県側には大平、大滝集落が生まれました。
 昭和八年(# 1933)から十二年(# 1937)に
は、自動車の通行に対応するため、栗子隧道やニッ小屋隧道などの大改修が行われました。
 戦後になると、冬期通行止の解消や車両の大型化への対応のため、昭和四十一年(# 1966)に第三世代となる栗子ハイウェイ (国道十三号)が開通したことにより、かつて難工事で切り開かれた両隧道を含む区間は廃道となりました。
 平成二十四年(# 2012)、万世大路は、「山形・福島両県の物流並びに人の交流と絆を育んだ歴史的地域資産 」として、土木学会から土木遺産 に認定されました。
福島市
[看板寄贈:一般社団法人 東北地域づくり協会

Texts

tenma
2018-09-08 22:04 (0)
tenma
monumento
2018-08-25 14:36 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2018/08/25)
Tags: 大日如来坐像 福島市教育委員会 福島市指定有形文化財 結跏趺坐 大仏城 舟形光背 甚兵衛火事 auto-translate 浄土宗 1704 1881 大仏 1719 胎内仏 福島県 福島市
kawa_sanpo (2018/08/25)
Tags: 福島城 究竟山一乗院 到岸寺 良憲一可 福島大火 甚兵衛 福島の城下まちづくり協議会 福島県 福島市
kawa_sanpo (2018/08/25)
Tags: 神社仏閣 福島城 杉妻稲荷神社 杉妻城 杉妻明神 土産神 画家一明斎 金沢椿山 ディスカバー 福島信夫ライオンズクラブ 福島県 福島市
kawa_sanpo (2018/08/25)
Tags: 参勤交代 奥州街道 福島市教育委員会 福島市観光コンベンション協会 福島城と城下町 黒沢家 寺島家 安斎家 福島三本陣 auto-translate 本陣 39 福島県 福島市