Monumento

auto-translate Saitama Prefecture Designated Hi...

wawa

2018-07-22

Tags: 玉川上水 松平伊豆守信綱 小平市 承応 関東ローム層 平林寺 新座市教育委員会 野火止用水 用水路 新河岸川 川越 野火止台地 野火止 開削 埼玉県指定史跡 川越城主 武蔵野開発 開墾 高燥 老中 安松金右衛門 埼玉県 新座市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Saitama Prefecture Designated Historic Site Saitama Prefecture Designated Historic Site Designated Ignition Water for March 31, Showa 19th was the Matsudaira Izu Morinobu (Matsudairai) that was a Kawagoe castle owner for the fourth consecutive year (1655) It is aimed at securing living water necessary for cultivating farmers in the irrigation canal which was opened for the development of the wildfire platelets as part of Musashino development by us. The canal is about 25 kilometers in length from Ogawa village in Tama county (now, Kodaira city, Tokyo) to the Shinkawaegawa River via the wildfire plateau. Since the entrance into the Kawagoe, Shinra has promoted the development of Nitta in the territory, but began developing the plateau which is delayed in development as it is the wilderness, and settled 55 farmers on the wildfire plateau for two years of adaptation I let you go to cultivation. However, the high dry plateau of the Kanto loam layer was a land that was not satisfactory even for drinking water, so there was a tremendous need for cultivating farmers. Three years of adaptation, the laurels that were in old age work at that time got permission from the shogunate to divide water from the same aqueduct with the successful opening of Tamagawa Kamimizu, the next four years, the vassal of Kamematsu Kinemon I ordered the opening of the water for ignition as the drinking water of this region. The opening work was started from February 10th of adaptation 4th February, it was completed around March 20th about 40 days later, and then several tributaries such as Hirinji excavation were opened. Heisei era 1988 education committee Niiza city cultural property protection deliberation committee

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 埼玉县指定历史遗址埼玉县指定的历史遗址指定的点火水3月31日,昭和19年是Matsudaira Izu Morinobu(Matsudairai)连续第四年(1655年)是川越城堡老板它的目的是确保在灌溉渠中培养农民所需的生活用水,这是为了我们开发武士野发展的一部分而开放的野火血小板。这条运河长约25公里,从多摩县(现在东京小平市)的小川村经过野火高原到Shinkawaegawa河。自进入川越以来,神罗在该地区推动了新田的发展,但开始发展高原,因为它是旷野而在发展中被推迟,并在野火高原定居了55名农民两年的适应我让你去修炼。然而,关东壤土层的高干燥高原是一块即使对于饮用水也不令人满意的土地,因此非常需要培育农民。经过三年的改编,当时老年工作的桂冠得到了幕府的许可,他们在同一个渡槽中分水,随后四年成功开放了玉川清水,Kamematsu Kinemon的附庸我下令打开点火用水作为该地区的饮用水。开放工作从2月4日适应2月4日开始,大约40天后于3月20日左右完成,然后开通了Hirinji挖掘等几条支流。平成时代1988年教育委员会新泽市文化财产保护审议委员会

野火止用水 のびどめようすい 埼玉県指定史跡 

昭和十九年三月三十一日指定

 野火止用水 は、承応 四年(一六五五)に、川越城主
あった松平伊豆守信綱 (まつだいらいずのかみのぶつな)により、武蔵野開発 の一環とし
野火止台地 開発のために開削された用水路 で、開拓
農民が必要とする生活用水の確保を目的としたもの
です。
 用水路は、多摩郡小川村(現在、東京都小平市 )から
野火止台地を経て新河岸川 に至るまでの全長二十五キ
ロメートルに及びます。
 信綱は、川越 に入府以来、領内の新田開発を推進す
る一方、原野のままで開発の遅れている台地の開発に
着手し、承応二年、野火止台地に農家五十五戸を 入植
させ開墾 にあたらせました。しかし、関東ローム層
高燥 な台地は飲料水さえ満足に得られない土地であっ
たため、開拓農民の困窮は、はなはだしいものがあり
ました。
 承応三年、当時老中 職にあった信綱は、玉川上水
開削の功により、同上水路から、三分の分水許可を幕
府より得て、翌四年、家臣の安松金右衛門 に命じて、
この地方の飲料水として野火止 用水の開削 にとりかか
りました。
 開削工事は、承応四年二月十日から開始され、約四
十日後の三月二十日ころに完成し、その後、平林寺
などのいくつかの支流が開削されました。

平成元年三月
新座市教育委員会
新座市文化財保護審議委員会

Texts

wawa
2018-07-22 20:33 (0)
wawa
monumento
2018-07-22 20:26 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa over 2 years

野火止用水 平林寺 埼玉県新座市野火止3-1-1

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

ryota_n (2018/06/17)
Tags: 東京都 埼玉県 玉川上水 松平伊豆守信綱 武蔵野 小平市 関東ローム層 新座市 野火止用水 新河岸川 川越 野火止台地 平林寺掘 auto-translate 埼玉県 新座市
wawa (2017/04/16)
Tags: ocr-generated 埼玉県 新座市
wawa (2017/04/16)
Tags: ocr-generated 埼玉県 新座市
ryota_n (2018/06/17)
Tags: 新座市 平林寺 野火止 睡足軒の森 横浜 三渓園 飛騨 高山 睡足軒 埼玉県 新座市