Monumento

auto-translate Designated Historic Site Tamagaw...

wawa

2018-07-07

Tags: 玉川上水 淀橋浄水場 多摩川 四谷大木戸 承応 太宰治 東京都水道局 清流復活事業 水路 遺構 走れメロス 東京八景 羽村取水堰 羽村取水口 小平監視所 文人 東京都水道歴史館 土木施設 浅間橋 法面 開渠 水辺空間 東京都 三鷹市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Designated Historic Site Tamagawa Kamimizu The role Tamagawa Kamimizu played in the water supply in Edo and Tokyo was completed in response to the third adaptation (1654) in approximately 43 km of waterway from Hamura intake to Yotsuya Okigo. With this, the water of the Tama River will be supplied to a wide area in the city of Edo, Edo is big. It was able to develop. After that, it was used as a channel to the Yodobashi water treatment plant (now Shinjuku Ward) completed in 1898 in Meiji until it was abolished in 1965 in 1965. Currently from the Hamura intake to the Kodaira monitoring station, as the waterway for the active water service, the lives of the citizens. I support it. Hamura intake water dam Tamagawa Kamimizu and Dazai Osamu Tamagawa Kamimizu have been popular with many literati. It is one of them that lives in Mitaka from 1939 (1939) to 23 (1948) and announced masterpieces such as "Run Meros" and "Tokyo Hakkei". In the vicinity, there are many places where there are places such as the old residence of Dazai etc. Moreover, it can be seen from the photograph that Tamagawa Kamimizu of those days was rich in water, flowing, as compared with the present. Tamagawa Kamimizu seen from the Murasaki Bridge (downstream of Mitsubashi) (around the year 1941) Tokyo Metropolitan History Museum Historical value as a precious civil engineering facility / remains The Tamagawa Kamimizu is about 92 m in length of about 43 km It is a long civil engineering facility / remnant designed to flow water using an altitude difference (height difference of only about 21 cm at 100 m). Especially, in the middle part from the Kodaira Observatory to the Asama Bridge, there are a lot of waterways and legal surfaces (groome) digging at the time of cutting, and we will inform today&39;s appearance to us. Since Tamagawa Kamimizu is an important civil engineering facility and remains for knowledge of modern water technology, in August 2003, about 30 km of the docking section was designated as a national historic site It was. From Showa 61 (1986), from the Kodaira Observatory by the Clearance Revival Project in Tokyo. In the section up to the Asama bridge, sewage advanced treated water is flowed and the waterfront space is restored. Information on Tamagawa Kamimizu can be found at http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/. Tokyo Metropolitan Government

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 指定历史遗址多摩川Kamimizu Tamagawa Kamimizu在江户和东京供水的角色已经完成,以响应从Hamura入口到Yotsuya Okigo约43公里水道的第三次改编(1654年)。有了这个,多摩河的水将供应到江户市的广阔区域,江户很大。它能够发展。之后,它被用作Yodobashi水处理厂(现在的新宿区)的通道,于1898年在明治完成,直到1965年废除。目前从Hamura入口到Kodaira监测站,作为主动供水服务的水路,公民的生活。我支持它。 Hamura进水坝Tamagawa Kamimizu和Dazai Osamu Tamagawa Kamimizu受到许多文人的欢迎。从1939年(1939年)到23年(1948年),他们居住在三鹰,并宣布了诸如“Run Meros”和“Tokyo Hakkei”等杰作。在附近,有许多地方,如大寨的老住所等。此外,从照片中可以看出,与现在相比,当时的玉川Kamimizu富含水,流动。从Murasaki Bridge(Mitsubashi下游)看到的Tamagawa Kamimizu(大约1941年)东京都历史博物馆作为珍贵的土木工程设施/遗迹的历史价值Tamagawa Kamimizu长约92米,长约43公里这是一个长期的土木工程设施/残余设计,使用高度差(100米处的高度差仅约21厘米)来流动水。特别是在从小平天文台到浅间桥的中间部分,在切割时有很多水道和法律面(groome)挖掘,我们将告诉我们今天的外观。由于多摩川Kamimizu是一个重要的土木工程设施,仍然是现代水技术的知识,2003年8月,约30公里的对接部分被指定为国家历史遗址是的。来自昭和61(1986),来自东京清仓复兴计划的小平天文台。在浅间桥的一段,污水先进的处理水流动,海滨空间恢复。有关Tamagawa Kamimizu的信息,请访问http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/。东京都政府

国指定史跡 玉川上水

江戸・東京の水道に果たした役割
 玉川上水 は、羽村取水口 から四谷大木戸 までの約43kmにわたる水路 で、
承応 3(1654)年に完成しました。これにより、多摩川 の水が江戸市中の広い
範囲に供給されることとなり、江戸が大きく。
発展することができました。
 その後、明治31(1898)年に完成した
淀橋浄水場 (今の新宿区)への水路として、
昭和40(1965)年に同浄水場が廃止
されるまで、利用されていました。
 現在も羽村取水口から小平監視所 までは、
現役の水道用の水路として、都民の生活を。
支えています。

羽村取水堰

玉川上水と太宰治
玉川上水は、数多くの文人 に親しまれてきました。
昭和14(1939)年から同23(1948)年まで
三鷹に暮らし、「走れメロス 」や「東京八景 」などの
名作を発表した太宰治もその一人です。
 付近には、太宰の旧居跡など、ゆかりのある場所が
多数残っています。
 また、当時の玉川上水は、現在に比べ、水が豊富に、
流れていたことが写真からもうかがえます。

むらさき橋(三橋の下流)から見た玉川上水(昭和16(1941)年頃) 東京都水道歴史館

貴重な土木施設遺構 としての歴史的価値
 玉川上水は、約43kmの区間を約92mの標高差(100mでわずか
約21cmの高低差)を利用して、水を流すように設計された長大な
土木施設・遺構です。
 特に、小平監視所から浅間橋 までの中流部には、開削当時の素掘りの
水路・法面 (のりめん)が多く残され、往時の姿を今日に伝えています。
 玉川上水は、近世の水利技術を知る上で重要な土木施設・遺構である
ことから、平成15(2003)年8月、開渠 (かいきょ)区間約30kmが国の史跡に
指定されました。

昭和61(1986)年からは、東京都の清流復活事業 により、小平監視所から。
浅間橋までの区間に下水高度処理水が流され、水辺空間 が復活しています。

玉川上水に関する情報は http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/ でご覧いただけます。

東京都水道局

Texts

wawa
2018-07-09 19:55 (0)
wawa
monumento
2018-07-09 19:46 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa over 2 years

旧三鷹橋 三鷹市下連雀3丁目24

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/04/16)
Tags: 玉川上水 淀橋浄水場 太宰治 東京都水道局 走れメロス 東京八景 東京都 三鷹市
wawa (2018/07/09)
Tags: 玉川上水 三鷹市 鉄道 高欄 承応 飲料水 水路 親柱 船着場 開削 通船 三鷹橋 レール 旧三鷹橋 東京都 三鷹市
hanacoco (2016/04/21)
Tags: 太宰治 東京都 三鷹市
wawa (2018/07/10)
Tags: 三鷹市 品川用水 太宰 屋台 東京都 三鷹市