Monumento

auto-translate The 6th Tianzuka Tombs Setagaya-...

wawa

2018-07-06

Tags: 江戸時代 新編武蔵風土記稿 世田谷区教育委員会 古墳時代 大正時代 円墳 周溝 第六天塚古墳 墳丘 円筒埴輪 埋葬施設 第六天 陶器の壺 鉄刀 東京都 世田谷区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The 6th Tianzuka Tombs Setagaya-ku designated place historic site (Kofun) Location Setagaya-ku Kitami 4-chome third designation March 23, 1973 The circular mound of the middle term of the Kofun Period (the late fifth century to the early sixth century). The investigation of the mound and the circumferential groove by the Setagaya ku Board of Education of Showa Forty (1980) and Showa 56 (1989) confirmed the size of the ancient tomb and the existence of the burial facility It was. As a result, this ancient tomb has a mound of twenty - six meters in height and two - seven meters in height and has an upper end width of 6 - 8 - 7 - 4 m lower end width 5 - 2 - 6 - 7 m depth 5 It turned out that the circumferential groove of ten to eighty centimeters go around, the terrace inside it, and the diameter of the ancient tomb, including these, becomes 32 to 33 meters. Also during this survey a number of cylindrical clay pieces were discovered. The burial facility is a masterpiece or a gravel bed because the existence of gravel is confirmed in the range of 4 to 4 meters in width from 1 to 1 to 1 to 4 meters at the position of sixty to seventy centimeters below the mound I think that the. As for the same tomb, according to the "New Musashi Fudancho manuscript draft", the sixth heaven was celebrated in the late Edo period, and there is a statement that large pine trees were growing. This pine tree was harvested in the Taisho era, but at that time a pot of medieval ceramics and a sword were discovered, and it is considered that the same tomb was reused as a medieval mound. March, 1972 Setagaya ku Board of Education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 第6个天冢卡修道院世田谷区指定地点历史遗址(Kofun)位置世田谷区北见4丁目第3号指定1973年3月23日Kofun时期(公元5世纪末至公元6世纪初)的中期圆形土墩。由Showaaya ku教育局Showa Forty(1980)和Showa 56(1989)对土墩和周向沟槽的调查证实了古墓的大小和墓葬设施的存在是的。结果,这座古墓有一个二十六米高,两七米高的土墩,上端宽度为6 - 8 - 7 - 4米,下端宽度为5 - 2 - 6 - 7米深5事实证明,十到八十厘米的圆周凹槽四处走动,其中的露台和古墓的直径,包括这些,变成32至33米。在这次调查中,还发现了许多圆柱形粘土碎片。埋葬设施是杰作或砾石床,因为砾石的存在被证实在4到4米的宽度范围内从1到1到1到4米,位于土墩下方六十到七十厘米的位置看来。至于同一个坟墓,根据“新武藏复旦町手稿草稿”,江户时代后期庆祝了第六个天堂,并且有一个大松树正在成长的声明。这棵松树是在大正时代收获的,但那时发现了一壶中世纪的陶器和一把剑,并认为同一座坟墓被重新用作中世纪的土墩。 1972年3月,世田谷区教育委员会

第六天塚古墳 世田谷区指定史跡(古墳)

所在地 世田谷区喜多見四丁目三番
指定 昭和五十七年三月二十三日

古墳時代 中期(五世紀末~六世紀初頭)の円墳
昭和五十五年(一九八〇)と昭和五十六年(一九八一)
の世田谷区教育委員会による、墳丘 及び周溝 の調査
によって、古墳の規模と埋葬施設の存在が確認され
た。

これにより本古墳は、直径二十八・六メートル高さ
二・七メートルの墳丘を有し、周囲に上端幅六・八~
七・四メートル下端幅五・二~六・七メートル深さ五十
~八十センチの周溝が廻り、その内側にテラスを有
し、これらを含めた古墳の直径は三十二~三十三メ
ートルとなることが判明した。またこの調査の際に、
多数の円筒埴輪 片が発見された。

埋葬施設 は、墳頂下六十〜七十センチの位置に、長
さ四メートル幅一・一~一・四メートルの範囲で礫の
存在が確認されていることから、傑標ないし礫床で
あると思われる。

なお同古墳については、『新編武蔵風土記稿 』による
と、江戸時代 後期には第六天 が祭られ、松の大木が
生えていたとの記載が見られる。
この松の木は大正時代 に伐採されたが、その際に中
陶器の壺鉄刀 が発見されており、同墳が中世の
塚として再利用されていたことも考えられる。

昭和五十九年三月

世田谷区教育委員会

Texts

wawa
2018-07-07 05:35 (0)
wawa
monumento
2018-07-07 05:31 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa over 1 year

第六天塚古墳

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

sanpocafe (2014/12/12)
Tags: 世田谷区教育委員会 須賀神社 承応 1652 1654 天王 神事 占い 喜多見勝重 無形民俗文化財 東京都 世田谷区
wawa (2018/07/07)
Tags: 古墳 土師器 世田谷区教育委員会 古墳時代 凝灰岩 須恵器 円墳 稲荷塚古墳 周溝 橫穴式石室 発掘調查 主頭大刀 直刀 銑鐵 耳環 玉類 出土品 世田谷区立鄉土資料館 族長墓 東京都 世田谷区
wawa (2018/07/12)
Tags: 阿弥陀如来 室町時代 家光 古墳 世田谷区教育委員会 皇居 江戸氏 文禄 天文 宝暦 将軍 氏寺 開基 紅葉山 知恩院 喜多見 慶元寺 文治 江戸太郎重長 木田見 空誉上人 御朱印地 朱印状 鐘楼堂 東京都 世田谷区
wawa (2018/07/07)
Tags: 緑道 岩戸川 岩戸川せせらぎ 東京都 狛江市