Monumento

Background of the Taiko-mon Masugata (square-st...

vision

2018/06/14

Tags: 桝形門 松本城 auto-translate 1595 長野県 松本市

Guide plate text

Background of the Taiko-mon Masugata (square-style double gate)

The Taiko-mon is a masugata or square-style double gate, built to protect the castle entrance. Stone and earthen
walls enclose the square-shaped gate enclosure, along with its twin gates, one placed toward the inner and one
toward the outer side of the gate enclosure. Formerly, both of Matsumoto Castle's Otemon and Kuromon were also
masugata square-style gates. The Taiko-mon was built around 1595, following the construction of the the main
structure of Matsumoto Castle. It was demolished a little over 270 years later in 1871, and remained that way
until it was restored in 1999.
The bell and drum which were kept in the tower were used to relay a variety of signals. Placed beside the watchtower
gate is a huge 22.5-ton stone called the Genba-ishi, which was placed there to give an imposing form to the
Square-style Taiko-mon gale.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 为了坚定地保护Hanmom Makuro的起源,进行了各种创造性的工作。典型的是Mamakata大门,围绕着石垣岛和广场上的土壤,并且在内外加大门。在松本城内,有三个Masumigami,Otemon,Taikomon和Kuromon。 1875年11月在明治4年(1871)的旧城毁坏的潮流中,Taiko大门由Tensoru建造后在文乐4(1595年)周围由Yasuhisa Ishikawa修建它变得越来越好。第二次世界大战后,文化财产保护思想有所增加,松本城国宝保护工程,黑门门户修复等。1999年3月(1999年3月)之后,Taikomon Masuza在128年内首次恢复。这座门的名字所在的鼓桥被放置在台北石垣岛的大门上,各种各样的鼓和钟声被放在各种信号上,在塔旁,由于建筑师官员的名字,重量22.5吨巨石,“玄柏石”被建立起来,塑造了壮美的正大门。一般来说,在城堡的重要大门,有很多情况下放置巨型反制尊严。这种Genba权利也具有相同的含义。在石川庆町时代,我们扩大并扩张了以Tensoru为中心的本丸·二之丸(内环)作为“帝国城堡”,在Sannaru(外环)修建了武士住宅, Kido(雷蒙)两人都换成了乌龟门。 ---松本城正门1595号门

太鼓門枡形の由来

 城の入り口を固く守るためには様々な工夫がなされた。その典型的なものが枡形門で、石垣・土壌を四角に囲って、内と外に門を二重に構えたものである。松本城には、大手門・太鼓門・黒門の三つの枡形門があった。
 太鼓門は、天守築造後の文禄4年(1595)頃に石川康長によって築造され、それから270余年後の明治4年(1871)11月、旧物破壊の風潮の中で取り壊されたままになっていた。第2次世界大戦後になって文化財保護の思想が高まり、松本城国宝保存工事、黒門の復理等を経て、平成11年(1999) 3月、128年ぶりに太鼓門枡形が復元された。
 この門の名称の由来となった太鼓橋は門台北石垣上に置かれ、太鼓や鐘がおかれて様々な合図が発信され、また櫓門の脇には、築造者の官名に因む、重量22.5トンの巨石、「玄蕃石」を据え威風堂々とした枡形門を形造っていた。一般に城の重要な門には、威厳をそえるため巨石を据えることが多かった。 この玄蕃右も同様な意味を持つものである。
 石川慶長のころには天守を中心として本丸・二の丸(内曲輪)を「御本城」として整備拡充し、三の丸(外曲輪)には武士を集住させるため武家屋敷を建設し、五カ所の城戸(柵門) いずれも櫓門に変えられた。

---
松本城
桝形門
1595

Texts

vision
2018-06-14 21:07 (6)
vision
vision
2018-06-14 21:05 (0)
vision
vision
2018-06-14 21:01 (0)
vision
monumento
2018-06-14 20:44 (0)
monumento

Comments/Photos

vision vision about 4 years

太鼓門桝形の由来

vision vision about 4 years

#<User:0x007f0597a52028>

vision vision about 4 years

#<User:0x007f0597ae9748>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

genjitsu_ (2018/03/09)
Tags: ocr-generated 長野県 松本市
genjitsu_ (2018/03/09)
Tags: ocr-generated 長野県 松本市
genjitsu_ (2018/03/09)
Tags: ocr-generated 長野県 松本市
genjitsu_ (2018/03/09)
Tags: ocr-generated 長野県 松本市