Monumento

auto-translate Miyauchi Elementary School, the ...

hamanobakeneko

2018-05-02

Tags: 石黒ヒデ 茶わん虫の歌 auto-translate 39 宮内小学校 教育推進委員会 鹿児島県 霧島市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Miyauchi Elementary School, the birthplace of "The Song of the Tea Worm Worm" It is the most bad lucky thing I do not want to wash it crispy If you wash it three times a day, it&39;s a beautiful goblin - Jagged walking basket such as Jacquard eyeglasses Insect pestle Mako neon Genjin Waohacha Waahahahaha I&39;m second bad wife I wish I was my daughter I was three days a day Chisae ぇ び beautiful Mango Watashi Face attached to face Jacquard face Makeup Makeup Welcome to Third place Waaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa sunny day Nevertheless I can not help it Kuroomonba I was crying but I was sorry but the brown tea ceremony was overwhelming Kogetsugakka ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ 0 Is it a thing? I The house &39;s cup of tea is beautiful because it is washing it three times a day everyday. Is it about an insect attached to a tea chest, is it a bug that walks with flickering wash baskets etc. Is it completely difficult? Wait. Secondly, what kind of thing is it? My daughter&39;s wife is beautiful because it is make-up three times a day everyday. Is it a cosmetic makeup on my face? It is totally difficult. Wait. The third thing is, what kind of thing is it? My son is surprised because I change over six times a day everyday. Is there a shortage of me? Is the small cup of tea small? It is totally difficult. Wait. "Song of tea worm insects" is widely known as a song that everyone of the prefecture loves and is one of the songs that represent Kagoshima. The history of the birth of "The tea chestnut song" The late "tea worm insect song" is a late Mr. Ishiguro Hide who was working at Miyauchi Elementary School about 90 years ago in Taisho 10 (1921) Written and composed as a song in the play of the play "I got to see and traveled" that I showed up at the party. Contents of "Contributing and Traveling Children" The drama is a hero whose unfortunate birth is a girl. Together with the three sisters of similar circumstances, it is a story that finds hope by getting out of a snowstorm forest to the spring mountains. At girls leaving the forest girls drop in at a tea shop. When ordering &39;brown steaming&39;, the woman in the store who did not know the name of the dish misunderstood as &39;tea dwarf insect&39; and sang out saying &39;Oh, yeah, a clown bug, please?&39; 〇 You can listen to songs at Miyauchi Elementary School website. ○ February, Heisei era "song of tea worm insects" Education Promotion Committee

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Miyauchi小学,“茶叶蠕虫之歌”的发源地这是我不想清洗它最脆弱的幸运物如果你每天洗三次,它是一个美丽的小妖精 - 锯齿步行篮子,如提花眼镜昆虫杵Mako霓虹灯Genjin Waohacha Waahahahaha我是第二坏妻子我希望我是我的女儿我是一天三天Chisaeぇび漂亮Mango Watashi脸部贴在脸上提花妆容化妆欢迎来到第三名Waaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa晴天然而,我忍不住它Kuroomonba我哭了,但我很抱歉,但棕色茶道是压倒性的Kogetsugakka ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ ___ 0是一回事吗?我房子里的茶很漂亮,因为它每天洗三次。是关于附着在茶箱里的昆虫吗?它是一个走着闪烁的洗衣篮等的虫子吗?是完全困难的吗? Wahhahha。其次,它是什么样的?我女儿的妻子每天都是三次化妆,因此很漂亮。这是我脸上的化妆品吗?这是非常困难的。 Wahhahha。第三件事是什么?儿子很惊讶,因为我每天换六次以上。我有没有短缺?小杯茶是小的吗?这是完全困难的。 Wahhahha。 “茶虫虫之歌”广为人知的是县内人人都喜爱的歌曲,也是代表鹿儿岛的歌曲之一。 “茶栗歌”诞生的历史晚期的“茶虫虫曲”是一位已故的石黑秀先生,他在约90年前在大正10年(1921年)在宫内小学工作,作为一首歌,在剧中演出的歌曲“我必须去看和去旅行”,这是我在派对上露面的作品。 “贡献和旅行的孩子”的内容戏剧是一个英雄,他的不幸诞生是一个女孩。与三个情况相似的姐妹一起,这是一个故事,从一个暴风雪森林走出春山寻找希望。在离开森林女孩的女孩们在一家茶馆里下榻。当订购&39;棕色蒸&39;时,商店里不知道名称的女人误会为&39;茶矮人昆虫&39;,并且唱出&39;哦,是的,是一个小丑虫吗? 〇您可以在Miyauchi小学网站上收听歌曲。 ○2月,平成时代的“茶虫虫之歌”教育推进委员会

#「茶わん虫の歌」発祥の地  宮内小学校
一番
うんだもこら いけなもんな
あたいげんどん 茶わんなんだ
日に日に三度も 洗るもんせば
きれいなもんごわんさー
茶わんにひっちた 虫じゃろかい
目籠など蹴歩く 虫じゃろかい
まこてげんねこっじゃ
わっはっは
二番
うんだもこら いけなもんな
あたいげんどん 嫁じょなんだ
日に日に三度も ちけんせぇば
きれいなもんごわんさー
顔についた けしょじゃろかい
化粧についた 顔じゃろかい
まこてげんねこっじゃ
わっはっは
三番
うんだもこら いけなもんな
あたいげんどん むひこぉなんだ
日に日にろっども くろもんせぇば
たまげたもんごわんさー
あたいがちかたが すねたろかい
あてごた茶わんが こめたろかい
まこてげんねこっじゃ
わっはっは

【歌詞の意味】
一番
まったくそれは、どんな物
なのですか?
わたしの家の茶わんは、毎
日、日に三回も洗っている
のできれいなものです。
茶わんについた虫のことで
しょうか?
洗い物かごなどをけちらし
て歩く虫のことでしょうか?
まったくはずかしいことで
す。わっはっは。
二番
まったくそれは、どんな物
なのですか?
私の家のお嫁さんは毎日、
日に三回も化粧しているの
できれいなものですよ。
顔についた化 粧なんだか?
化粧についた顔なんだか?!
まったくはずかしいことで
す。わっはっは。
三番
まったくそれは、どんな物
なのですか?
私の家の息子は、毎日、日
に六回もおかわりするから
驚いてしまいます。
私のよそい方が少ないの
か?
あてがった茶わんが小さい
のか?
まったくはずかしいことで
す。わっはっは。

「茶わん虫の歌」は、県民のだれもが愛唱する歌として広く知れわたり、鹿児島を代表する歌の一つです。
「茶わん虫の歌」誕生の経緯
「茶わん虫の歌」は、今からおよそ90年前の大正10年(# 1921年)に宮内小学校 に勤務されていた故・石黒ヒデ 先生が、学校対抗の学芸会で披露した劇「行きくれし旅の子」の劇中歌として作詞・作曲されました。
「行きくれし旅の子」の内容
 劇は不幸な生い立ちの少女が主人公。境遇の似た旅の三姉妹と共に吹雪の森から春の野山へ抜け出て希望を見出す物語です。森を出た先の峠で少女らは茶店に立ち寄ります。そこで「茶わん蒸し」を注文したところ、料理名を知らなかった店の女性が「茶わん虫」と勘違いし、「あらよー、茶
わん虫ごわすか?」と言って歌い出します。
〇宮内小学校ホームページで歌を聴くことができます。
〇平成27年2月
茶わん虫の歌教育推進委員会

Texts

tenma
2018-05-07 21:55 (3)
tenma
tenma
2018-05-07 21:52 (0)
tenma
monumento
2018-05-02 12:32 (0)
monumento

Comments/Photos

hamanobakeneko hamanobakeneko over 1 year

「茶わん虫の歌」発祥の地

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hamanobakeneko (2018/05/02)
Tags: 廃仏毀釈 弥勒院跡 三国名勝図会 宮内小学校 島津藩 明道館 鹿児島県 霧島市
tokada (2018/12/30)
Tags: 福岡県 神社 天照大御神 伊勢神宮 重要文化財 神功皇后 東京国立博物館 応神天皇 昭和天皇 仲哀天皇 瓊瓊杵尊 大社 神武天皇 大隅国 霧島神宮 鹿児島神宮 天津日高彦穂穂出見尊 豊玉比売命 天忍穂耳尊 英彦山神宮 彦穂穂出見尊 鵜戸神宮 宮崎神宮 正八幡 国幣中社 官幣中社 官幣大社 島津重年 鹿児島県歷史資料センター 元正天皇 御陵 高屋山陵 一宮 auto-translate 39 鹿児島県 霧島市
hamanobakeneko (2018/05/02)
Tags: 霧島市指定文化財 宮内原用水 天降川 水天渕 新田川 ニ連アーチ型 霧島市教育委員会 鹿児島県 霧島市
hamanobakeneko (2018/05/02)
Tags: 宮内原用水 天降川 水天渕 分陽盛常 大隅國桑原郡西国分郷鑿溝崇水神記 鹿児島県 霧島市