Monumento

auto-translate Flag of the birthplace of modern...

hamanobakeneko

2018-05-01

Tags: ペリー艦隊 近代造船発祥の地 国旗日の丸 島津斉彬公 洋式軍艦 昇平丸 大元丸 承天丸 鳳瑞丸 万年丸 鹿児島県 垂水市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Flag of the birthplace of modern shipbuilding At the end of the birthplace of Hinomaru of the Hinomaru and the era of West European power entering East Asia, Shimazu Family Eighteenth Primary Shimazu Qiao Akira believed that "enemies coming from the ocean should be prevented in the ocean" Seto shipyards were set up at Seto · Arimura of Sakurajima, beef roots of Tarumizu, and was engaged in construction of Western warships. In 1883, when the Perry fleet came to Uraga and the shogunate realized the necessity of maritime protection, the bakufu was asked to ban the construction of a large shipbuilding and to build 15 warships. In Seto, Shoheira Maru, Arimura Oimemaru and Seiten Maru, Beefeong, Feng Rui Maru and Ten Year Maru were built. Although the construction of warships ended in five lines, this area of ​​the strait between Osumi Peninsula and Sakurajima became the birthplace of modern shipbuilding in Japan. In addition, when Daisuke Ishiba was asked to release the construction of Shinki during construction of Shohei Maru, it is proposed to the shogunate to hold a red "Hinomaru" on a white background to distinguish between Japanese and foreign ships. Following this, the shogunate declared "Hinomaru" as the total shipping sign of Japan on July 11, 1955, the first year of Ansei (1854), and departed from Kagoshima in the spring of 1855 to spring the shogunate Shinpei Maru "Japan Hinomaru" as a Japanese ship sign was raised, and was promoted to the national flag for the first year of the Yuanbun period (1860). The strait between Osumi Peninsula and Sakurajima is also "the home of the flag" Hinomaru ".

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 现代造船发源地的旗帜在日之H的Hinomaru出生地的末端和西欧强国进入东亚的时代,岛津家族第十八小学岛津乔晃相信“应该防止来自海洋的敌人在海洋中”濑户造船厂设在樱岛的濑户·有村,Tarumizu的牛根,并从事西方军舰的建造。 1883年,佩里舰队来到乌拉加,幕府意识到海上保护的必要性,要求巴库禁止建造大型造船和建造15艘军舰。在濑户里,Shoheira Maru,Arimura Oimemaru和Seiten Maru,Beefeong,Feng Rui Maru和Maru十年建成。尽管军舰的建造以五条线结束,但大阪半岛和樱岛之间的这一海峡地区成为日本现代造船的发源地。此外,石井大助在施平弘势时被要求释放神construction的建设时,建议幕府在白色背景上持有红色的“H丸”,以区别日本船和外国船。此后,幕府在1955年7月11日,即安西的第一年(1854年)宣布“日之丸”为日本的总航运标志,并于1855年春天离开鹿儿岛,以弹the幕府Shinpei Maru作为日本船舶标志的“日本Hinomaru”被募集起来,并在Yuanbun元年(1860年)的第一年被提升为国旗。大隅半岛和樱岛之间的海峡也是“国旗”Hinomaru的所在地“。

近代造船発祥の地
国旗日の丸 の ふるさと
 幕末、西欧列強が東アジアに進出してきた時代に、
島津家二十八代当主島津斉彬公 は「海から来る敵は海で防ぐべきである」と考え、桜島の瀬戸・有村、垂水の牛根に造船所を設け、洋式軍艦 の建造に取り組まれました。また嘉永六年(# 1853)、ペリー艦隊 が浦賀に来航し、幕府が海防の必要性に気づくと、幕府に大船建造の解禁と、軍艦十五艘の建造を願い出られました。そして瀬戸で昇平丸 、有村で大元丸承天丸 、牛根で鳳瑞丸万年丸 が建造されました。
軍艦建造は五艘で終わりましたが、大隅半島と桜島の
間の海峡のこの地は、日本における近代造船発祥の地
となりました。
 また斉彬公は、昇平丸の建造中、大船建造の解禁を
願い出られた際、日本の船と外国の船を区別するため
白地に赤い「日の丸」を掲げるよう幕府に提案されて
います。これを受けて、翌安政元年(# 1854)七月
十一日、幕府は「日の丸」を日本の総船印と定め、安政二年(# 1855)春、幕府に献上するために鹿児島を
出港した昇平丸に日本総船印としての「日の丸」が掲
げられ、万延元年(# 1860)には国旗へ昇格したのです。
大隅半島と桜島の間の海峡は、
”国旗「日の丸」のふるさと”でもあるのです。

Texts

tenma
2018-05-16 18:05 (0)
tenma
monumento
2018-05-01 11:11 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hamanobakeneko (2018/05/01)
Tags: 錦江湾 第二次世界大戦 海軍航空隊櫻島 鹿児島県垂水市牛根 第六三四海軍航空隊 比島戦 水上爆撃機瑞雲 雷撃機 哨戒偵察機 鹿児島県 垂水市
hamanobakeneko (2018/05/01)
Tags: 垂水市 三国名勝図会 牛根麓稲荷神社の埋没鳥居 牛根城 牛根兵衛五郎道綱 建部氏 本田薫親 肝付兼続 称寝氏 安楽備前守兼寛 伊集院魯笑斉久道 桜島大爆発 垂水市天然記念物 鹿児島県 垂水市
hamanobakeneko (2018/05/01)
Tags: 久能山 宇喜多秀家 関ヶ原の戦い 垂水市教育委員会 平野屋敷 居世神社 宇喜多屋敷 鹿児島県 垂水市
hamanobakeneko (2018/05/01)
Tags: 垂水市教育委員会 太崎観音 平山古河守 伊集院幸侃 忠真 百引の観音平 鹿児島県 垂水市