Monumento

kawa_sanpo

2014/12/21

Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated なりたさんかわごえべついん
成田山川越別院
よんきょう
所在地 川越市久保町
成田山川越別院は、川越別院成田山本行院と称し、い
つの頃からか「久保町のお不動様」とも呼ばれるように
なった。
本尊は不動明王で、内外の諸難や汚れを焼き払い、人
々を守るといわれ、願をかける時などに奉納する絵馬の
ため、境内には絵馬堂も建立されている。
当寺は、江戸時代も末の嘉永六年(一八五三)、ペリー
が黒船を率いて浦賀に来航した年に、下総の国新宿(現
葛飾区)の石川照温が、廃寺となっていた本行院を成田山
新勝寺の別院として再興したのが始まりといわれている。
石川照温については、次のような話が伝えられている。
農家に生まれた石川照温は、三十歳の頃に目が見えな
くなってしまった。光明を失くした照温は、ある日のこ
と自ら命を絶とうとしたが、その時不思議なことに光を
失った眼前に不動明王が見えたので、にわかに仏道に目
覚め、それまでの生活を改めるとともに、有名な成田山
新勝寺のお不動様を熱心に信仰するようになった。
「そのかいあってか、失明した目もいつか昔のように見
えるようになったので、いよいよ仏道に励み、当地に寺
を建立し、多勢の信者から慕われるようになったとのこ
とである。
なお、照温の碑が、近くの中院墓地に建てられている。
昭和五十七年 三月
川越市

Texts

monumento
2018-03-28 15:53 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市