Monumento

kawa_sanpo

2014/12/21

Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 国指定重要文化財
川越大師喜多院案内図
伝説によるとその昔仙波辺の漫々たる海水を仙芳仙人の一 「慈眼堂、鐘楼門、東照宮、日枝神社などの建物を数年の間に
法力によりとり除き尊像を安置したというが、平安時代、 再建し、それらが今日文化財として大切に保存されている
天長七年(八三〇)淳和天皇の勅により慈覚大師が創建 のである。
された勅願寺で本尊阿弥陀如来を祀り無量寿寺と名づけた。 「江戸時代までは寺領四万八千坪、七百五十石の幕府の御朱
その後鎌倉時代、元久二年(一二〇五)兵火で炎上の後、 印地として寺勢をふるったが、明治以後財力の欠如とその
永仁四年(一二九六)伏見天皇が尊海僧正に再興せしめ 広さ、大きさのため荒廃に向った。戦後文化財の指定と
られたとき、慈恵大師(厄除元三大師)を勧請して官田 ともに昭和大復興にとりかかり関係者の並々ならぬ努力
五十石を寄せられ関東天台の中心となった。正安三年(一 によってその主な建造物の復原修理が完成し、それら偉観は、
三○1)後伏見天皇は星野山(現在の山号)の勅額を下した。 盛時を偲ばせるまでになった。しかし未だ完成しないところも
更に室町時代、天文六年(
一三七)北條氏綱、上杉朝定の かずあり今日までその整備事業は継続して行われている。
兵火で炎上した。江戸時代、慶長四年(
一五九九) 天海僧正 現在の境内地は東照宮を含めて一万四千坪あり、今日
(慈眼大師)が第二十七世の法統をつぐが、同十六年(一 その緑は市民にとって貴重な憩いの場となっており池や
掘をめぐらした景勝はそこに点在する文化財群とともに
六二)十一月徳川家康公が川越を訪れたとき寺領四万八千
川越随一の名勝地霊場地として名高く厄除元三大師のお参り
坪及び五百石を下し、酒井備後守忠利に工事を命じ、仏蔵院
とともに四季を通じて史跡を訪れる人々がいつも絶えない。
北院を喜多院と改め、四代家綱のとき東照宮に二百石を下す
「一月三日の厄除初大師のご縁日には家内安全、厄除等の
など大いに寺勢をふるった。寛永十五年(一六三八)一月の一
護摩祈願、また境内には、名物だるま市が軒をつらねて
川越大火で現存の山門を除き堂宇はすべて焼失した。そこで
立ち並び、又二月三日の節分会、四月の長日護摩の行事を
三代将軍家光公は掘田加賀守正盛に命じてすぐに復興に
はじめ毎日護摩供を奉じて所願成就の祈願を厳修している。
かかり、江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築して客殿、書院」
文化財の拝観ができ、最近では毎年五月の連休の一週間
等に当てた。家光誕生の間、春日局(家光公の乳母)の間が
宝物特別展も開かれている。
あるのはそのためである。その他慈恵堂(本堂)、多宝塔、

Texts

monumento
2018-03-28 15:53 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
Tags: ocr-generated 埼玉県 川越市