Monumento

auto-translate Shinjuku-ku Designated Tangible ...

wawa

2018-04-15

Tags: 仁王 新宿区教育委員会 大町桂月 東京遊行記 彫刻 新宿区指定有形文化財 亮朝院 金剛力士石像 七面堂前 阿吽一対 尾州住大工加右衛門 日匡代 東京都 新宿区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Shinjuku-ku Designated Tangible Cultural Property Sculpture Kim Jae Wook Stone Statue Location of Shinjuku-ku Nishi-Waseda Sancho 16th-24nd Designated Date Monday, December 7, Showa 59 Year Two (1705) March It is a stone statue of King Geumjo stone dedicated on 29th and is placed in a pair of Akashido in front of the temple in the precincts. Total Heisei 2 3 cm, On the back of the statue is the name of the dedication date and the name of "Oshu Resident Carpenter Kanemon Nichiyo" as the establishment owner. There is a record that the carpenter Kaemon gate of Owari nation also wrote as Kaemon and also donated to the temple of the Ryojyoin. Nikkatsu is the fifth daughter priest of the Liu dynasty. The statue of King Geumjo is generally referred to as "Nio" and is set as a pair of alle and 吽 shapes at the temple gate etc. as a guardian of the Buddha. The majority are wood carvings, such stone things are rare and are the only ones in the ward. Keiichi Omachi, a poet, poet and essayist who lived in Nishi Okubo and Kashiwagi, wrote about this statue in the "Tokyo Travel Book" (Meiji 39). March 25, Heisei 18 Shinjuku Ward Board of Education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 新宿区指定有形文化财产雕塑金在旭石雕新宿区西早稻田桑丘位置16日至24日指定日期12月7日星期一,昭和59年第二年(1705年)这是一座29号国王金泉石的石像,位于寺院前的一对赤城。总平均2 3厘米,在雕像的背面是作为营业所有者的奉献日期的名称和“Oshu Resident Carpenter Kanemon Nichiyo”的名称。有一个记录,Owari国家的木匠Kaemon门也写作Kaemon并且也捐赠给了Ryojyoin的寺庙。 Nikkatsu是刘朝的第五位女祭司。 Geumjo国王的雕像通常被称为“Nio”,并作为佛陀的守护者在庙门等处设置为一对alle和吽形状。大多数是木雕,这种石头很少见,是病房里唯一的。居住在Nishi Okubo和Kashiwagi的诗人,诗人和散文家Keiichi Omachi在“东京旅行书”(明治39)中写下了这尊雕像。 3月25日,平成18新宿区教育委员会

新宿区指定有形文化財  彫刻
亮朝院金剛力士石像
所在地 新宿区西早稲田三丁目十六番二十四号
指定年月日 昭和五十九年十二月七日
宝永二年(# 1705)三月二十九日に奉納された石造の金剛力士像で、境内の七面堂前阿吽一対 で安置されている。
 総高二三四センチ、像の背面には奉納年月日と造立施主として「尾州住大工加右衛門  日匡代 」の名が刻まれている。尾張国の大工加右衛門は嘉右衛門とも書き、亮朝院の堂塔についても寄進したとする記録がある。日匡は亮朝院の第五代住職である。
 金剛力士像は一般に「仁王 」と呼ばれ、仏を守護するものとして寺院の山門などに阿形と吽形の一対で安置される。大半が木彫であり、このような石造のものは珍しく、区内では唯一のものである。西大久保や柏木で暮らした詩人・歌人・随筆家の大町桂月 は、『東京遊行記 』(明治三十九年)の中で、この像のことを記している。
平成二十八年三月二十五日
新宿区教育委員会

Texts

tenma
2018-08-04 22:31 (0)
tenma
monumento
2018-04-15 10:52 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa almost 2 years

亮朝院の金剛力士石像 新宿区西早稲田3丁目16−24

wawa wawa almost 2 years

#<User:0x007f91c6b4c1c0> 亮朝院七面堂 新宿区西早稲田3丁目16−24

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2018/04/15)
Tags: 新宿区教育委員会 江戸名所図会 建造物 寄棟造り 新宿区指定有形文化財 亮朝院本堂 本瓦葺き 修行道場 東京都 新宿区
hanacoco (2016/02/04)
Tags: 倉稲魂命 市杵嶋姫命 素盞鳴命 天皇 建御名方命 東京都 新宿区
hanacoco (2016/02/04)
Tags: 東京都 新宿区
cyberwonk (2014/10/18)
Tags: 江戸名所図会 鎌倉街道 在原業平 東京都 新宿区