Monumento

genjitsu_

2018-01-25

Tags: シーサー 壺屋焼 新垣光雄 鶏血石 唐三彩 沖縄県 南城市

Guide plate text

獅子吼乃塔

5体3種の大獅子で構成され、中央の天空に向かって吠え鎮座する沖縄壺屋焼 シーサー は、若き陶芸家新垣光雄 氏によって1年がかりで制作されました。2対の獅子は鶏血石 (玉石)、唐三彩 (陶器)と呼ばれ、優れた芸術文化をもつ中国で作られた貴重な獅子です。
『獅子吠乃塔』の獅子は邪気を祓うと共に福を招き入れ、世界の恒久平和を沖縄から希求しております。
2012年6月30日
おきなわワールド創業者 大城 宗憲

三彩獅子像(陶製)

本獅子一対は1985年に開催された「科学万博(Tsukuba Expo'85)」にて、中国館の入り口に飾られていたもので、中国と沖縄の文化交流の象徴として譲渡されたものです。
緑釉・黄色・鉄釉、三食による加飾技法は唐の時代に始まり今日におよんでいるもので、一般に「唐三彩」と呼ばれています。

□(にんべんに方)明太祖孝陵の石獅子

本獅子像一対は中国南京にある明の太祖孝陵の参道に据えられた石獅子を中国桃源の彫工房で忠実に復元製作されたものです。
原作の製作年代は1400年代初頭と考えられ、また材質は玉石の鶏血石で、大変硬く彫刻が難しいものです。獅子1体が約2トンあり軽自動車2台分の重量になります。

Texts

genjitsu_
2018-01-27 21:36 (514)
genjitsu_

Comments/Photos

genjitsu_ genjitsu_ 29 days

#<User:0x007fe63fe84b58>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

genjitsu_ (2018/01/08)
genjitsu_ (2018/01/02)
genjitsu_ (2018/01/02)
Tags: 沖縄県 南城市
genjitsu_ (2018/01/07)