Monumento

auto-translate The ditch house and the Shishiga...

wawa

2018-01-14

Tags: 横浜港 auto-translate 生糸 明治 元禄 安政 文政 熊野権現 正保 獅子舞 天保 庄屋 39 養蚕 獅子ヶ谷村 名主 百姓 肝煎 鶴見川 溜池 お茶 獅子ヶ谷 石高 神奈川県 横浜市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The ditch house and the Shishigani Yokomichi family have been the lords of the Shishigan Village since the end of the 16 th century Keicho. The name of the master is farmer &39;s name, and the name of the name is the name of the Kanto region. In Shoya in Kansai, he said hepokuri in Hokuriku and Tohoku. The first name of the Yokomizon family is Goro Keihi, there was a custom to succeed this name every generation. In the Edo era, together with the villagers, we cultivated the surroundings of the Tsurumi River, made it paddy fields, and built a reservoir in the valley. In the Meiji period, we began producing raw silk and tea exported from Yokohama Port. On the second floor of the main shop, sericulture was seriously done. It says that the place name of Shishigani comes from taking charge of the lion dance of Kumano &39;s authority. The number of village residents and the population shifts were 386 226 in the 10th year of Civil Administration (1827 AD), 244 in 39 in the Ansei 2nd (1855 AD), 272 in the Meiji 3 (1871 AD) was. The village&39;s Ishigaki (quantity of rice) is recorded as 244 stone more in Masayoshi, 271 stone more in Genroku, 309 stones in Tenpo and Meiji first year. 1 stone is the amount of 1 bottle 100 bottles.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 自十六世纪清朝末期以来,沟屋和十士根横峰家族一直是石室村的领主。主人的名字是农民的名字,名字的名字就是关东地区的名字。在关西的Shoya,他说在北陆和东北的hepokuri。 Yokomizon家族的第一个名字是Goro Keihi,每一代都有一个这个名字的习惯。在江户时代,我们与村民一起培育了鹤见河的周边地区,使其成为稻田,并在山谷中建造了一座水库。在明治时代,我们开始生产从横滨港出口的生丝和茶。在主店的二楼,养蚕业已认真完成。它说Shishigani的地名来自负责Kumano权威的舞狮。在民政第十年(公元1827年),村民居住人数和人口变化为386 226人,安塞第二(公元1855年)为39人,明治3(公元1871年)为272人,它是。村上的石垣(米饭数量)在正义被记录为244石,在元禄被记录为271石,在天宝和明治元年第一年被记录为309石。 1块石头是1瓶100瓶的量。

横溝家と獅子ヶ谷村

 横溝家は、16世紀末の慶長年間から、獅子ヶ谷村名主 をつとめてきた家です。名主の身分は百姓 で、名主という名は関東地方の呼び方です。関西では庄屋 、北陸・東北では肝煎 といいました。
 横溝家の初代の名前は、五郎兵衛といい、代々この名前を継ぐ慣習がありました。江戸時代には、村人と力をあわせて鶴見川 の周辺を開墾して水田にしたり、谷間に溜池 をつくったりしました。明治になると、横浜港 から輸出される生糸お茶 の生産をはじめました。主屋の二階では、さかんに養蚕 がおこなわれました。
 獅子ヶ谷 の地名は、熊野権現獅子舞 を受け持ったことに由来すると伝えています。村の戸数と人口の移りは、文政 10年(西暦1827年)は38軒226人、安政 2年(西暦1855年)は39軒244人、明治3年(西暦1871年)は42軒278人でした。村の石高 (米の量)は、正保 年間では244石余、元禄 では271石余、天保明治 元年では309石余と記録されています。1石とは1升ビン100本分の量です。

Texts

wawa
2018-06-23 06:09 (42)
wawa
tenma
2018-02-03 09:39 (439)
tenma
wawa
wawa

Comments/Photos

wawa wawa over 1 year

横溝家と獅子ケ谷村

wawa wawa over 1 year

#<User:0x007fc1fc293108> 横溝屋敷 みその公園「横溝屋敷」 横浜市鶴見区獅子ケ谷3-10-2

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2018/01/19)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市
wawa (2018/01/19)
Tags: 神奈川県 横浜市
wawa (2018/01/19)
Tags: 神奈川県 横浜市
wawa (2018/01/18)
Tags: 神奈川県 横浜市