Monumento

■Stone Buddha (Manji Sekibutsu)

kawa_sanpo

2018/01/13

Tags: 鳥居 岡本太郎 諏訪高島藩 諏訪忠晴 auto-translate 長野県 下諏訪町

Guide plate text

■Stone Buddha (Manji Sekibutsu)
In the third year of the Meireki, the feudal lord of Suwa Takashima, Suwa Tadaharu, tried to contribute to the Torii gates of Suwataisha Shimosha Harumiya. When the Stone mason tasked with job of building the buddha struck his chisel into the enormous stone found in the area, blood started flowing from the stone. It is said the startled mason stopped constructing the Torii gates an chiseled a likeness of Buddha Amitabha instead.
It is characterized by a humorous expression and the unbalanced feel of an enormous natural atone body paired with a tiny neck. Okamoto Taro, a revered Japanese artist, loves the Stone Buddha so much that he routinely visits and pays his respects here at this stature.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 石佛(Manji Sekibutsu)Meireki的第三年,Su访高岛的封建领主Su Su忠行试图贡献给Suwataisha Shimosha Harumiya的牌坊。当石匠修建佛陀的工作将凿子凿入该地区发现的巨石中时,血液开始从石头流出。据说震惊的石匠停止建造鸟居门,而不是阿弥陀佛像肖像。它的特点是幽默的表情和一个巨大的自然的身体与一个小小的颈部配对的不平衡的感觉。日本着名艺术家冈本太郎非常喜欢石佛,所以他经常到这里来拜访他的尊敬。

万治の石仏

 明歷三年 諏訪高島藩諏訪忠晴 が諏訪大社下社春宮に石の鳥居 を寄進しようとしました この仕事を請け負った石工がこの地にあった大きな石を加工しようとノミを入れたところ 石から血が流れだしました 驚いた石工は鳥居を造ることをやめ この不思議な石に阿弥陀如来仏を刻み 建立したと伝えられています
万治の石仏は その名のとおり「万のことが治」万治を「ばんじ」と読み 物事をばんじまるく治めて願いを聞いてくれるありがたい石仏として 広く人々の信仰を集めています
大きな自然石にちんまりと首が乗っているアンバランスな佇まいとユーモラスな表情が特徴的 日本が誇る芸術家 岡本太郎 も万治の石仏を愛して止まらず この石仏を拝むために下諏訪を何度も訪れました

Texts

tenma
2018-01-17 00:42 (0)
tenma
tenma
2018-01-17 00:42 (330)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2018/01/13)
Tags: 長野県 下諏訪町
kawa_sanpo (2018/01/13)
Tags: 長野県 下諏訪町
kawa_sanpo (2018/01/13)
Tags: 岡本太郎 長野県 下諏訪町
kawa_sanpo (2018/01/13)
Tags: 国重要文化財 長野県 下諏訪町