Monumento

Guide plate text

前川樋川(まえかわヒージャー)と前川民間防空壕(まえかわみんかんぼうくうごう)

 琉球王府の史書である「球陽(きゅうよう)」(1745年)によると、前川区は1736年に糸数城跡南側の麓(ふもと)から現在地に移動している。この前川樋川も当時の絵図(琉球国惣絵図(りゅうきゅうこくそうえず)・1750年頃)にも記載されていることから、当時から住民の生活用水として利用していたと思われる。
 急勾配(きゅうこうばい)の石階段は水運びが不便であったため、1932年に南側へ緩(ゆる)やかな道路を造り、水運びが楽になった。当初、樋川は簡易な水溜(た)め程度の施設だったが、1936年に現在の粟石(あわいし)製貯水タンクと女性用の水浴場を建造して、日本本土復帰前(昭和40年代)まで貴重な水源として使われてきた。
 同樋川を中心とした崖の中腹には、岩盤を掘り込んで築造された民間防空壕が40ヶ所、並んで存在している。
 この民間防空壕は1944年10月10日の南西諸島大空襲(なんせいしょとうだいくうしゅう)(那覇市は9割の家屋が消失した)後、米軍の沖縄上陸が濃厚(のうこう)となったため、字民が2・3世帯ずつ一組になり避難壕(ひなんごう)として建設したものである。壕入口の多くはしゃがんで通れるくらいの高さで、広さは約4㎡。隣り合う壕が内部で連結するという構造になっている。字前川近くに米軍が進攻(しんこう)してきた際には、多くの住民がこの壕や南部(なんぶ)具志頭(ぐしちゃん)方面に避難(ひなん)した。なお、この壕では4ヶ所で集団死が起こっており、20人余が死亡している。
 旧玉城村内には自然の洞穴を利用した防空壕は多いが、このようにまとまって掘られた民間防空壕はここだけである。

Texts

genjitsu_
2018-01-08 19:59 (732)
genjitsu_

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

genjitsu_ (2018/01/27)
Tags: シーサー 壺屋焼 新垣光雄 鶏血石 唐三彩 沖縄県 南城市
genjitsu_ (2018/01/07)
genjitsu_ (2018/01/02)
genjitsu_ (2018/01/02)
Tags: 沖縄県 南城市